Tag Archives: Fedora

CentOS7のLVMを使ってHDD追加&パーティションの拡張をしてみる。(メモ)

2016年11月17日
Linux
, , , ,
No Comments

CentOS7のインストール時にパーティション作成を「おまかせ」で進めると、LVMを使って後でいろいろ変更出来る様に設定した状態でインストールしてくれます。
今回はこの状態から、新たにHDDを追加しその領域を全て /homeパーティションの領域として追加する手順を書いておこうと思います。

LVM(Logical Volume Manager)、論理ボリュームマネージャを使うには、いくつかの概念を理解しておく必要があります。
簡単にまとめておきます。

  • lvmパーティション
    LVM配下で使いたいディスク領域をパーティション単位で指定したい場合は「lvmパーティション」を作成します。
    通常のfdiskやpartedで切ったパーティションに lvmフラグ を立てておきます。
  • PV(Physical volume)
    LVMに登録する物理的なディスク領域です。lvmパーティションやHDD丸ごと全て登録する事も出来ます。
  • VG(Volume group)
    PVを集めたものです。複数のPVをひとつのディスク領域の様に扱うことが出来る様になります。
  • LV(Logical volume)
    VGから割り当てたディスク領域で作成した論理的なパーティションです。これにファイルシステムを作成しマウントして利用します。

まず、現状を確認してみます。
500GByteのHDDにCentOS7のインストーラーおまかせのパーティション作成でインストールしてあります。

Read More…

CentOSで使う定番サードパーティyumリポジトリ

2016年10月07日
Linux
, , ,
No Comments

CentOSは信頼性の高いOSですが、それと引き換えにソフトウェアが豊富という訳では無くバージョンも少々古いものが採用されています。
この為実際に運用していると、使いたいソフトウェアが標準リポジトリに無いなどの問題が出る事も少なくありません。
問題解決の為にサードパーティ製のyumリポジトリを使用します。

EPEL (Extra Packages for Enterprise Linux)
https://fedoraproject.org/wiki/EPEL

EPELはFedoraプロジェクトの成果物をCentOS(RHEL)向けに配布しています。
豊富なソフトウェア、新しいバージョンのソフトウェアが入手可能です。
標準リポジトリに使いたいソフトウェアが見当たらない場合、このリポジトリの使用を検討してみて下さい。
ただし、新しいソフトウェアゆえCentOS(RHEL)の標準リポジトリが配布しているものよりも信頼性は劣りますので注意して利用して下さい。

Fedroraについては他の記事も読んでみて下さい。
CentOS(RHEL)とFedoraとの関係について

ELRepo
http://elrepo.org/

CentOS(RHEL)向けに主にハードウェアに依存するソフトウェア、ドライバを配布しています。
新しいハードウェアにCentOS(RHEL)をインストールする場合、ドライバのバージョンが古く対応出来ない場合があります。
そんな時はこのリポジトリに新しいバージョンのドライバが無いか探して見てください。

Read More…

RHEL(CentOS)とFedoraの関係について

2016年10月07日
Linux
, , ,
No Comments

FedoraというLinuxディストリビューションがあります。
開発元のFedora ProjectはRedHat社から支援されているオープンソースコミュニティです。
常に最新のソフトウェアが採用され、使用され、テストされています。
非常に活発に開発が行われている先鋭的なLinuxディストリビューションの一つです。

Fedora Project
https://fedoraproject.org/

FedoraをRedHat社が支援する目的として、将来自社のRedHat Enterprise Linux(RHEL)に採用するソフトウェアパッケージの先行開発という意味合いがあります。
Fedoraの成果物から優秀でRHELの目的に合うものが選別され将来のRHELに採用されていきます。

Fedoraを知る事は将来のRHEL(CentOS)を知るという事に繋がります。
最新のソフトウェアを使用したい、最新の動向を知りたい方や、先行して次期RHEL(CentOS)の学習を行いたい方はFedoraを使ってみるのが良いと思います。
その反面、テストが不十分で不具合があるソフトウェアも含まれていると考えられます。
信頼性の求められる大切なサーバーに採用するのは、良く考えた方が良いでしょう。

使用するディストリビューションはその性格をよく知り、使用する目的に最適かどうかよく考えて決める必要があります。