Blog Detail

WordPressの初期設定 ~WordPressを始めよう~

2016年10月04日
Linux, ウェブ開発
, , , ,
No Comments

前回に引き続きWordPressの設置を進めていきます。
WordPressの動作に必要な設定は前回で完了していますので、これをウェブサーバーから公開していきます。

1) ウェブサーバーの設定

今回は名前ベースのバーチャルホストを使ってWordPressのサイトを公開する様に設定しました。
ネットワーク、サーバー環境によって方法は様々あります。適切な方法で公開して下さい。

WordPressのファイルを設置したディレクトリは /var/www/www_hogehoge-k_com/ 、プロトコルは暗号化無しの http: 、ホスト名は www.hogehoge-k.com とします。

/etc/httpd/conf.d/ ディレクトリ下に下記のapache設定ファイルを作成します。

  • /etc/httpd/conf.d/vhost-www_hogehoge-k_com.conf

これは今回のWordPressのサイト用の設定です。

  • /etc/httpd/conf.d/vhost-00default.conf

他のFQDN又はIPアドレスでアクセスされた場合に表示するデフォルトのサイトを別に設定しておきます。
このファイルは複数に分けたVertualHostの設定ファイルうち、最初に読ませたい設定なのでファイル名に数字の00を含ませておきます。Apacheの設定ファイルの読み込みは名前でソートした順に読んでいる様なので。

設定を確認します。

デフォルト用のサイトが defaultと設定され、WordPressサイトも認識されていますのでOKです。

apacheを再起動させて設定を反映させます。

2) WordPress管理画面からの初期設定

設定したホスト名(FQDN)で名前を引けるようにDNSの設定をしておきます。
https://hogehoge-k.com/ にウェブブラウザからアクセスして、WordPressの画面にアクセスします。
WordPresss初期画面

初期設定の画面が表示されるので、必要情報を入力して「WordPressをインストール」をクリックします。
WordPress初期設定成功

成功しました!
入力したメールアドレス宛にもWordPressの設置に成功した報告メールが届きます。

3) 管理画面からのログイン

WordPressログイン画面

ログイン画面から先程設定したアカウントでログインします。

WordPress管理画面

WordPressが使える様になりました!めでたし!

WordPressには非常に多くのプラグインが作成されており、それらによって大変高機能なブログ/CMSエンジンになる事が出来ます。
これからプラグインの活用とノウハウを身に付けていければ、と思っています。
それでは楽しんで行きましょう。

Leave A Comment